ドラゴンボールのあらすじと感想を書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
其之4 亀仙人の筋斗雲
ファンキーなじいさんは

ご存知、亀仙人でした。


海ガメを助けたお礼として

不死鳥を呼ぶが、不死鳥は食中毒で死んでいたため、

かわりに筋斗雲をプレゼントしてくれました。


・・・筋斗雲ってこう書くんだったね。すっかり忘れてたぁ。



海ガメに塩水をあげたってことで、

ブルマもお礼をねだったところ、

亀仙人は条件をだします。



仙『パ・・パ・・パンチーをみせてくれたらな!!』





・・・このスケベジジィ


ブ『いいわ。それぐらいなら なんとか・・』




『はいっ!!!』 (←私的には伝説のシーン)


なんとブルマはノーパンでした。


仙人、鼻血ブーーーー!!






ブ『で、何をくれるの?』

亀仙人がドラゴンボールを首からさげていることに気づく。



それは三星球(サンシンチュウ)でした。


仙『それをやるとはまだ言っとらん』



テンション上がっちゃったブルマは


ブ『いいじゃない!!』



ブ『ほらっ ほらっ ほらっ』


と股間を連発で見せちゃう。



ジジィ、鼻血ブブブーーーーーー!!




ドラゴンボールをもらい、亀仙人と別れ、

悟空とブルマは一度家にもどります。






ブ『ぎえええ~~~』

ようやくノーパンだったことに気づく。


悟『そう気にすんな』

悟『チンやキ○タマがなくたって生きて生けら』


ブ『どういうこと?それ』

悟『今朝みちゃったもんね』


ブ『まさか、あんたがパンツ脱がしたんじゃないでしょうね!?』


悟『パンツってなんだ?』


ブ『これよ!!!!』


悟『ああオラがとった』


ドパラタタ!!(マシンガンを発砲)


・・・めっちゃ撃たれてるし



そうして次のドラゴンボールを目指すのであった。



3日かけて着いた村は静まりかえっていた・・



つづく
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://yui93papa.blog76.fc2.com/tb.php/5-7082f351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。